月と太陽展

太陽が朝登る時にも月は傍らで輝く。

それは服さぬ妖の証。

太陽が登る時にも月は輝く。 その月はどのような美しい「月」になるのか。 それは胎内に何かを宿す女性の美貌と幻想の世界。 それは夜の闇を闇を越えて朝に続く。

それはくちぞらに異形を誑かす。

太陽の昇る処で。

月の輝く処で。

哀れみに垂れた血は夜から朝へと変わる月と太陽を糸として続き輝く朝へ消える。

過去の京都の妖。

陰陽。

腐って行った過去の女達の破瓜の証。

仔の為に狂った女とその女を愛した妖の主の恋唄。

それは心臓から畝り行く。

月と太陽が昇る時。

​朝の青さに悲しみに透かされる陽炎のような涙が流れる。あなたの為に。

その涙は唄になる。

その歌が捧げられるのは朝になっても妖の力をもつ妖の主か。

いずれにしろ輝くのは朝の太陽と共に輝く月・・

場所は京都ライト商會。

期日1月17日から24日。 

​月と太陽Moon & SUN

2020年 1月17日から24日京都ライト商會

© 2015 Productionightrain

Japan, Tokyo, Oasaka, and Kyoto 

Email:productionightrain@gmail.com

  • Twitter Classic
  • Facebook Classic
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now