愛菜(ena)

主に透明水彩などのアナログ画材を使用し、夢と現実が織り混ざった世界を描くアーティスト。 2012年から作家活動を始め、2018年に初個展を開催。 その後上海で展示をするなど活動の幅を広げている。 またイラストレーターとしてCDジャケットや書籍等のイラスト・デザインも手がける。

展示歴 

2019.10.11-19 バラのある小品絵画展(メゾンダール / 大阪) 2019.9.18-23 愛菜・トヨダイズミ二人展「世界樹のともしび」(イロリムラ/大阪)

2019.9.4-8 第1回MOL ARTs展(原田の森ギャラリー/神戸) 2019.8.18-25 クリエイターズTシャツ展(アトリエSubaru) 2019.7.9-8.6 上海風月舎画廊ミニ個展(上海風月舎/上海) 2019.5.4-26 滋賀個展「ここから」(ギャラリー喫茶おとくら/ 滋賀)

2019.2.25-3.2 メゾンダール・ギンザ受賞者5人展「MIGNON COSMO」(メゾンダール/銀座)

2019.01.17-22 第2回 個展「夜と夢」(ギャラリー風雅 / 大阪) 2018.12.11-2019.1.6 日本現代芸術品評会(上海風月舎画廊 / 上海)

2018.12.5-9 メゾンダールギンザアワード受賞者展(メゾンダール/大阪)

2018.05.23-27 初個展「思い出の庭」(gallery re:tail / 東京) etc...

彼女の絵は夢にある。そこに現実がおってくる。死してあでやかにその交わる美しさ織りめぐらす。

月と太陽が同時に昇る時。その夢と現実は新しい朝を迎える。

​それは輝く朝の太陽と共に輝く月・・

aaazny.com

ena.jpg