Bowie is Myth05

October 28, 2019

そして彼が圧倒的なロックンロールとして世界を巡るーーその様相を指し示す様にリアリティーツアーのオープニングには光が地球と言う惑星を巡ると言うビジョンから始まる。
彼が日本の武道館で言った「すべてのマザーファッカー」へーー
それは彼が幾重ものペルソナを演じ、概念理論を積み重ね、ステージのパフォーマンス、そして届く事の無い想いを詩にしたいくつのものソング達歌い続けてい たとしても彼の始まりはイギリスのロンドンにあり、そこにシド・バレットの様なイギリスのアクセントを持つ巨大な衝撃を持ったシンガーソングライターの概 念が存在している。
そのシクスティーズをセブンティーズに変え、グラムスター達がステージを白熱させる夜を一際大きく巨大な神話めく星として輝いたボウイそのものとして。
このアルバムリアリティーの表題曲「リアリティー」で彼は自身の異邦人達の友愛の交換を変わる事無く続けてきた彼のソングライティングの時間の中でそれが ある形而の領域で彼自身の望みに到達しなかったという事とその本質では何も変わっていないという事を歌っている。
「ようこそ リアリティーへ」
そして彼自身の本当の現実と向かい合うこのリアリティーツアーもその芸術が特別性、神秘性と共にあるが為に起こりえる不慮の及ばされる芸術とはその視点に 映る様相とは違う、その本質に一切触れる事の無い数学上的な低下の現象、不穏な予兆を感じさせるものと共にボウイの心臓の手術の為に中断したままだが、既 に現在の音楽の舞台上では本当に神話の領域にありねなおも過去も、リバイバルも拒絶し、現実の存在概念であるジギーのそのままに彼が作り上げたライフ・オ ンマーズ、フィーチャーレジェント、1984、ビックブラザー、アシェーズトゥアシェーズ、フェイム、サンディ、ヒーザン、そしてブリング・ミー・ザ・ ディスコ・キングがなおも狂おしくも一つの定まった視点と共にこの現代において歌われ、そして2005年のファッション・ロックで歌われたライフ・オン・ マース?でのカムバックと共に、彼が表現する続きにその概念理論と重要性、そして何かよりもかけがのないの彼の心から創造される生きている美しさすなわち 友愛に、数多くのオーディエンスは夢を重ね、その夢は夢こそが無の上を唯一飛翔する事が出来る繊細であり、尊いものであると言う寓話のままにいつかこの世 界の運命を変えて行こうとする。
そう願うーー

スペースオディティのその宇宙へ消えて行った宇宙飛行士は自分自身に輝く、奇妙な程に輝く星を見つめながら言った。これがジギーを創造し、現在のボウイが 表し私達に伝える美しさであり、伝えて行くもの。そこに寄せられる夢と願いこそがボウイのこの時代においての彼自身の表現を召還させる、その時の最後の感 情と共に叫ばれた言葉がリフレインする予言されたこの人間が生きている神話の中で。宇宙の星が輝く中でそこで永遠の生を受ける様に響く言葉。
ただーー
「妻に愛していると言ってくれ」

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事

October 28, 2019

October 28, 2019

October 8, 2019

October 8, 2019

October 8, 2019

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索
Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2015 Productionightrain

Japan, Tokyo, Oasaka, and Kyoto 

Email:productionightrain@gmail.com

  • Twitter Classic
  • Facebook Classic
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now