Bowie is Myth04

October 28, 2019

 ヘリミネオーネへの手紙に綴られているかの様な彼の露になる友愛への感情。
キラメキが封印されるかの様な神話の情景。神話、荒々しい野生の様相を感じさせ彼の歌が伝えるタイトルが持つ意味のままに召還された暴動、反逆 (rabel ravel、All The Young Dudes)。ヤングアメリカン。ベルリンで奏でられたセレナーデ、ロウ。彼の音楽表現の命題である異邦人達の友愛を綴るラビングアレン。
そして自分自身の個人的経験、思索を始めてアルバムにしたと言える{ブラックタイアンドホワイトノイズ」ボウイの音楽変遷の果てに彼自身の独白「もう何が 正しくて何が正しくのか分からない」この狂乱の時代の本質的な予言であり訪れた時代においても最も刺激と本能的に満ちたキャラクター(ペルソナ)、ネーサ ンアドラーを演じたアウトサイド、そこから続く筈だった3部作。不明瞭な夜の中でただ愛だけがすべてと歌う人間の真実の鋳型であるヒーザン。

そして空前のロックンロール、誰もが幻想を追い、夢を見続けたものそのものの表現であり、彼が音楽へのそのスタイルへの思索の徴にもなったイギリスのアク セントで歌われる最も夜に歌われる巨大な夢の様なシンガーソングライティングとステージングを結実させたアルバムリアリティと共に行なわれるツアー・リア リティー・ツアーの一つのハイライトである90年代以来のボウイの東京、武道館の二日目のオープニングで言ったオーディエンスへのall mother facker!!の声。リアリティ、リアリティツアー。ボウイがジギーの時代から続くロックの美しさをあの2003年に表現し抜いたアルバム、ツアー。
ボウイのまさしくも、あまりにも異質な何かを見るものに感じさせる宇宙のoddtyといえる美しさ魅了。
アウトサイド、ヒーザン、そしてリアリティへ続く彼自身が誰かに伝える為の表現。
ボウイはSpace oddityをリリースした時より、音楽を、誰かに何かを伝える事を彼だけのかけがえのないものとして曲を作り続けた。その彼がアウトサイドからこの時代 が変わる時に一貫して伝えようとする「君の側にいよう」と言う言葉。そしてアイム・アフレイド・アメリカンで告げられる暴力と狂気に対する譬え自身の生と 引き換えになったとしても対立の宣言。彼の意識としての音楽、ビジュアル創造が作り上げる現代の照らし出される真実。これは途轍もない美しさ。
「何もかも変わった」と歌われ、ツアーのステージで現実に近づいている戦争を前に肩を震わせたヒーザンはボウイの中で最も芸術のキャスト共に作られたダイ アモンドドックスとコンセプトが重なり、現実になった未来の伝説のアルバムであり、ダイアモンドドックスで本当にアーティストティックに肖像を撮影したか のようなボウイの姿を思わせるヒーザンでのアメリカの伝統的衣装を着て同じアーティスティックな肖像として撮影され、レニ・グライドの画を冒涜するアート ワークを行なったボウイの考えのthingが投げかける訪れた狂乱の時代と人間の世紀の終焉の果てに"彼等"の手により行なわれる白熱する様な反逆、暴動 のロックンロールの美しさ。

ボウイのリアリティの最後の曲はBring Me The Disco Kingであり、それは二度と戻らない私達の魂を焼く様な美しさへの追悼で終わる。だが、その幕引きの中にあってもるボウイはソングラィティングを続け る。それが彼が感じさせる真の意味での殉教者の概念であり、同じ場所にあるプログレッシブの概念。

既に2000年の最初の十年も半分を過ぎ、不明瞭なままの混迷は深く、そして重い感覚となってなって惑星を蹂躙し続けている。だが、その中でも自身の心の 中からの真実とも言える音楽表現を続けるボウイの感情、そして現実を見せられるのなら、そのシンガーソングライティングを、ステージングを彼のような誰か の側で何かをする事が出来たらと願われていく。
彼が作り続ける様に他の誰でもない彼等、彼女等が作り始めるものがみれを見る、聴く人達の  の奥深くまで手をかけ、そして何かを伝える事が出来る事を。

魅了の果てにあるボウイが虚飾も何もなく、本当に世界が過ぎて行く様に憂いを自分の感覚として認識し芸術が美しさを伝えるという事において絶望的な現代においてにおいてにもなお本当の美しさを伝え続けようとするその表現と共にある概念。
それはジギー、ダイアモンドドックスの予言と共にあった未来の伝説であったボウイの姿よりもなお、輝かしい魅了をその肖像に具え、それは紛れもなく生きているものとして未来へ続く歌をソングラティングしていく。

忘れる事が出来ない2002年パリのヒーザンのツアーでHEATHENを歌った後、バンドのメンバーに連れられて行く様に微かな嗚咽と涙を流している様に伺え、肩を震わせていたボウイの姿。
それがボウイと殉教者の死の遺骸と重なるの。
1980年のジョン・レノンの死。
90年代末より、そして2002年にアメリカのソニースタディオで歌われる
アイム・アフレイド・アメリカン。
リアリティ。

彼の変遷の中で自分がジョン・レノンと同じ様に銃撃されてもいいとさえ思える事を伺う事が出来る彼の表現。
表現すなわち表して現実にする事。

デビッド・ボウイというカリスマ的人物は時間が取り出した煙草につける火の様に、神秘と野生の佇まいを残し、眩しく燃え上がった。そしてそれは時間が呼ぶ ペルソナへの変化の声と共に自身の煙草を吸う姿を変え続けた。そして時間が彼に対しての誘惑を行なわず、あるいは献身の様なもう良いと言う声、そして現実 に過ぎ、失われて行く時間の中で神話すら作り上げた魔術性が絶えたこの現代にボウイは自身の姿で彼自身の伝えようとするロックンロールを何も変わらないだ が何かも変わったソングライティングし表現して行く。
煙草を吸い、その紫煙を立ち昇らせる。紛れもない転がる魂と死を狂おしく感じさせるロックンローラーの姿。

ボウイは2003年のリアリティの発売に対するインタビュー:Life on Earthで自身の2003年のアルバムリリース、そして彼のが音楽続けている命題的なオディティについて答えている。ここで語られる現代の神話の最後に 歌としてその上に乗る叫び。
「君は独りじゃない 両手を差し出してくれ」
手と貸される手が持つ寓話が芸術の中で表し、その胎内に宿しているかけがのない感覚。
ボウイのハマースミス・オデオンで歌ったロックンロールの自殺者でもこれがボウイを神話にし、その源に宿っていたものは両手を差し出してくれと言う言葉で最後を伝えていた。

 


 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事

October 28, 2019

October 28, 2019

October 8, 2019

October 8, 2019

October 8, 2019

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索
Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2015 Productionightrain

Japan, Tokyo, Oasaka, and Kyoto 

Email:productionightrain@gmail.com

  • Twitter Classic
  • Facebook Classic
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now