Bowie is Myth03

October 8, 2019

彼の音楽の基本概念。それは今まで数多く語られているように時代を映し出す鏡と表現されて来た。時代を映し出す鏡と言うのはボウイがリビング・ザ・アレン の様に他民族、他宗教の融和、交換を歌う様になってから評されてきた言葉だが、それはジギーの現代の舞台上の魔と形容されるステージの前、既に本質的なデ ビュー共言えるスペース・オディティからその他者との友愛の交換は語られている。
スペース・オディティで語られている街や恋や、青春が舞台となる数々の類いはボウイの誰かに何かを伝えようとする、それが人間の普遍的な存在に必要である 基本概念であり、最も尊いものであると言う考えに裏打ちされ作られ、そこで喜びや追憶、独白が語られ、彼のまだフォークのそれ・・スペース・オディティは デラムに時代に既に作られており、それは彼が絢爛の時、狂おしさを迎える70年代でなく、60年代、そのシクスティーズにサイケデリック、アートのレイア ウトで演奏され、その歌唱法もそれに倣っていた。その時にはまだ彼の最も特徴的であるイギリスのアクセントの本質を感じさせるポーカルはまだ聴く事が出来 ない。その模索の時期に彼はアンソニー・ニューレイとシド・バレットが創設メンバーであったピンク・フロイドを見て、そして彼自身の芸術思考に思索的なメ ソッドを見いだそうとしていた。

その歌唱法の構築と共に一貫して・・だが・・それは数度のブランクを持ち1997年のアウトサイドから本当の意味での構築された彼自身の表現で他者との友 愛のテーマは彼のアルバム、そして彼自身、デビット・ボウイのメイン・シィングでありこの世界から別の世界への旅立ち、すなわち別の音楽におけるテーマの 変化と共に彼が演じ続けてきたペルソナの変遷を決定づけたスペース・オディティでも歌われている。
世界が彼が予言したと同じファイブ・イヤーズの様に世界が腐蝕し、終焉していくにつれて彼は自身が神秘と正しい意味を持ち隠れていたペルソナから長い時を おいて却し、彼自身の姿で伝える事が限りなく難しいものである世界の現実、所謂真実を音楽を持って伝えて行くという事を構築しようとしていた。

デビット・ボウイが既にその1969年のアポロの月着陸と共にデビューした現実のものとする召還のクリティカルにおいて神話の領域にまで到達した彼だけの 特異さ。虹彩が違う瞳、逆立てた髪と絢爛を太古から文明が宇宙の果てで燃えて消える未来まで交差させる様に翻すジギー・スターダストはそのロックのグラマ ラスとオペラ的な基本概念と共にジギーの美しさが持つ感受性を破局へ導くと言う悲劇の神話を作った。これはただ綴られる幻想だけでしかないかも知れなく、 ジギー・スターダストと言うアルバム、そしてツアーの最後で最睨視すべかざる美しい神話の悲劇性に重なるオルフェウスの様な主人公の如く冥府=手が砕かれ る、彼がピンク・フロイドに在籍する事ができなくなったシド・バレットの情景を潜在的なイコンとて感じていたジギーの終焉、バンドが解散すると言うクライ マックス。
美しいものを創造する事と聖性、器に宿す神話的個性に対する墜落。ジギー・スターダストで永遠に消える事の無い星であるかの様に自身のスターダムへ昇らせ たボウイのシド・バレット追悼で彼がかける言葉は彼がシド・バレットと知り合う事が出来ずに彼が精神を病むのを(それはレノンの死に対する「人間はひど い」という言葉に感じられる彼自身の無力感と重なる)止める事が出来なかった彼自身の悔恨と悲哀から来たものなのかも知れない。

その悲哀を撥ねるかのようなランディングストリップにし彼が歌い続ける星から落ちてきた化身から始まった彼の神話は生命を引き換えにしても良いと願える程 に魅了される様に、そしてその美しさはその現れた存在を見る聴くオーディエンスに暴動と反逆を召還する。
 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事

October 28, 2019

October 28, 2019

October 8, 2019

October 8, 2019

October 8, 2019

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索
Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2015 Productionightrain

Japan, Tokyo, Oasaka, and Kyoto 

Email:productionightrain@gmail.com

  • Twitter Classic
  • Facebook Classic
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now