Bowie is Myth02

October 8, 2019

その紛れもない生きている性の(それは肉体に具えられる美しさの性質であっても、両極であるものであり同時に違わぬ性であっても)鋤田政義による日本のス テージの"瞬間"の写真、それはその美しさを譬える先の言葉でも語られた紛れも生きている生として写真に白熱される。
現在を拒絶するかのような美しさとして。

このキラメキが封印されるかの様な神話の情景は神話、荒々しい野生の様相を感じさせ彼の歌が伝えるタイトルが持つ意味のままに召還された暴動、反逆 (rabel ravel、All The Young Dudes)に続き、それはヤングアメリカン、foolen downに奏でられた妻へのセレナーデ、ロウ・・そして彼の音楽表現の命題である異邦人達の友愛を綴るラビング・ザ・アレンと続く。
その彼の神話的様相から始まるボウイの音楽的飛翔感と共に重い概念で重ねられた音楽変遷の果てに彼自身の独白となるブラックタイ・ホワイトノイズ、この時 代においておいて最も刺激と本能的に満ちたキャラクター(ペルソナ)、ネーサン・アドラーを演じたアウトサイド、彼が行なおうとした友愛が絶望の果てに終 焉するヒーザンが綴られている。

瑞々しいだがテンポラリーに倣うイントロダクションと共に(ヘルミオーネの手紙など他者に対する繊細な訴える感情が歌われているスペースオディティはその 私的な内省的な作品概念からこれらの強いメッセージを具える作品達とは直接言う事は出来ない)鏡に映る様に互いに立つ異民族の友愛を訴えたラビング・ザ・ アレンから形而的な形として始まった彼の友愛の発表は、その直後に起きた長いブランクの後、彼の自分自身を歌い、本質的なカムバックである(彼は長き十数 年に渡りシンガーソングライターの活動の中としてのdispoopleの中にいた)アルバム、ブラックタイ・ホワイトノイズでボウイはこう語っている。
「僕には何が正しくて何が正しくないのかもう分からない」
そして彼自身の現在において最後のペルソナであるイギリスの伝統的な探偵。ダークアートの暗黒深淵に立つ総じてディティクティブの視点とユーモアを持つ探 偵のダイアリーをアルバムにしたアウトサイド、そのファーストトラック、表題曲でもあるアウトサイドでボウイはこう歌っている。
「僕は君の側にいよう」

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事

October 28, 2019

October 28, 2019

October 8, 2019

October 8, 2019

October 8, 2019

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索
Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2015 Productionightrain

Japan, Tokyo, Oasaka, and Kyoto 

Email:productionightrain@gmail.com

  • Twitter Classic
  • Facebook Classic
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now