October 28, 2019

そして彼が圧倒的なロックンロールとして世界を巡るーーその様相を指し示す様にリアリティーツアーのオープニングには光が地球と言う惑星を巡ると言うビジョンから始まる。
彼が日本の武道館で言った「すべてのマザーファッカー」へーー
それは彼が幾重ものペルソナを演じ、概念理論を積み重ね、ステージのパフォーマンス、そして届く事の無い想いを詩にしたいくつのものソング達歌い続けてい たとしても彼の始まりはイギリスのロンドンにあり、そこにシド・バレットの様なイギリスのアクセントを持つ巨大な衝撃を持ったシンガーソングライターの概 念が存在している。
その...

October 28, 2019

ヘリミネオーネへの手紙に綴られているかの様な彼の露になる友愛への感情。
キラメキが封印されるかの様な神話の情景。神話、荒々しい野生の様相を感じさせ彼の歌が伝えるタイトルが持つ意味のままに召還された暴動、反逆 (rabel ravel、All The Young Dudes)。ヤングアメリカン。ベルリンで奏でられたセレナーデ、ロウ。彼の音楽表現の命題である異邦人達の友愛を綴るラビングアレン。
そして自分自身の個人的経験、思索を始めてアルバムにしたと言える{ブラックタイアンドホワイトノイズ」ボウイの音楽変遷の果てに彼自身の独白「もう何が...

October 8, 2019

彼の音楽の基本概念。それは今まで数多く語られているように時代を映し出す鏡と表現されて来た。時代を映し出す鏡と言うのはボウイがリビング・ザ・アレン の様に他民族、他宗教の融和、交換を歌う様になってから評されてきた言葉だが、それはジギーの現代の舞台上の魔と形容されるステージの前、既に本質的なデ ビュー共言えるスペース・オディティからその他者との友愛の交換は語られている。
スペース・オディティで語られている街や恋や、青春が舞台となる数々の類いはボウイの誰かに何かを伝えようとする、それが人間の普遍的な存在に必要である 基本概念であり、最も尊...

October 8, 2019

その紛れもない生きている性の(それは肉体に具えられる美しさの性質であっても、両極であるものであり同時に違わぬ性であっても)鋤田政義による日本のス テージの"瞬間"の写真、それはその美しさを譬える先の言葉でも語られた紛れも生きている生として写真に白熱される。
現在を拒絶するかのような美しさとして。

このキラメキが封印されるかの様な神話の情景は神話、荒々しい野生の様相を感じさせ彼の歌が伝えるタイトルが持つ意味のままに召還された暴動、反逆 (rabel ravel、All The Young Dudes)に続き、それはヤングアメリカン、...

October 8, 2019

Rose scent Heart ー心臓は薔薇の香りー

心臓が薔薇の香りになる。その美しいシュルレアリスムとボウイの伝説にーー2019年に復活したRose scent Heart-心臓は薔薇の香り-の承前としてボウイの事を語らなくてはならない。

デヴィット・ボウイ。グラムの召還者であり、稀有のソングライター。そして彼は異邦の人々との交換を願う歌を繰り返し作り続けた。

ジギーの現代の舞台上の魔と形容されるステージは召還のクリティカルにおいて神話の領域にまで到達し(召還と言う言葉が意味する現象の様相としては反する言葉になるが)、それはまさしく...

Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事

October 28, 2019

October 28, 2019

October 8, 2019

October 8, 2019

October 8, 2019

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索
Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2015 Productionightrain

Japan, Tokyo, Oasaka, and Kyoto 

Email:productionightrain@gmail.com

  • Twitter Classic
  • Facebook Classic
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now